はたらく×バイク JOBIKE(ジョビック)

バイク業界の求人情報が満載!
Webikeが運営するバイク業界への就職を目指す人のための求人ポータルサイト

求人掲載数:133

求人掲載をご検討の企業様
カワサキ一筋35年以上の歴史を持つ「カワサキプラザ東京足立」
古くからのノウハウと最新設備のミックスで成長中。
メイン看板 カワサキプラザ東京足立 店舗画像

特集
記事
東京都のカワサキプラザ第一号店
カワサキ一筋で成長を続けてきた老舗

取材協力:カワサキプラザ東京足立 取材:小松 男

掲載日:2022/7/28

カワサキが掲げるプラザ店ブランディングにいち早く反応し、東京都内のカワサキプラザ第一号店となったカワサキプラザ東京足立。同店の歴史を遡ると長くカワサキ車両の取り扱いに特化した老舗であり、着実に成長を遂げてきた企業だということが分かる。
今回はそのカワサキプラザ東京足立に伺った。

カワサキプラザ東京足立 
代表インタビュー

長年蓄積してきた経験と
新たな感性を融合し現在があります

  • 2018年に東京都内初となるカワサキプラザ店としてオープンしたカワサキプラザ東京足立。2階建ての店内には、ゆったりとした余裕が持たされながら数多くの展示車両が並べられている。

  • ファウンダーだった先代から受け継ぎ、2代目代表として手腕を振るわれている田村知徳さん。自身もサーキット走行やツーリングなど、昔からバイクライフを満喫してきたライダーであり、お客様の気持ちになって運営を行っている。

―――新たなカワサキブランド専門店として全国的に整備が進められているカワサキプラザネットワーク。そのカワサキプラザ東京第一号店として2018年に誕生したのが『カワサキプラザ東京足立』だった。
実は同店は前身となるモトプラザカワサキから数えると、創業35年以上の長い歴史を持つ老舗であり、それまでの実績というバックボーンがあったことも東京のカワサキプラザ一号店に選出された理由となっていた。
そこで今回は、カワサキ一筋でここまで成長してきたカワサキプラザ東京足立の特徴などを、同社の代表を務める田村知徳さんに伺うことにした。



カワサキプラザ東京足立代表 田村 知徳さん: 弊社の歴史は1986年にモトプラザカワサキが西新井にオープンしたことにはじまります。その後2003年に現在の場所へと移転、2018年にカワサキプラザ東京足立としてリニューアルオープンいたしました。創業からこれまでカワサキ一筋で来たことは我々の誇りでもあります。

そして旧来よりカワサキ専門店だったこともあり、多くのカワサキファンに足を運んでもらってきたことや、これまでの資料なども沢山蓄積されているのは宝だと言えます。
多くのお客様にモーターサイクルライフを楽しんでいただくために、ツーリングイベントや走行会、さらにはライディングスクールなども頻繁に開催してきました。
メンテナンスサービスに関しても基本的には当店で車両をご購入いただいたお客様を優先に作業を進める一方で、他店で購入された車両に関しても受け入れており、分け隔たりの無いコミュニケーションを行ってきたことが、結果的に認められているのだと考えています。

多くのファンに支えられているカワサキプラザ東京足立で共に働いてくれるスタッフも募集中です。
カワサキの大型モデルを新車で取り扱うことができるのはプラザの特権ですし、メーカー系ディーラーに勤めると言う誇りを持って仕事に向き合ってもらえると思います。
年齢に関しては規定を設けておらず、バイク好きであること、できればカワサキの車両が特に好きで、なおかつ仕事に関して柔軟に対応できる人であれば良いでしょう。

応募職種はコンシェルジュ(フロントサービス)でもテクニシャン(メカニック)でも結構です。
もちろん未経験者でも問題ありません。先輩スタッフが親身になって教えますし、先だってお話ししたツーリングや走行会、ライディングスクールなどを通じてお客様と一緒に自身のバイクライフを充実させることも業務スキルをアップさせて自身が成長していくことに繋がっていきます。

そんなカワサキプラザ東京足立で共に精を出してくれるスタッフになってもらえれば幸いですね。


―――カワサキプラザネットワークの中には、割と最近バイク業界に参入してきたような企業もあるのだが、カワサキプラザ東京足立はしっかりとした歴史の上に立っているというメリットがあると感じた。
それは古くからのカワサキユーザーのサポートや、培ってきた知識と経験によって対応することのできる幅が広いことなどに挙げることができる。

旧名称であるモトプラザカワサキ時代から、相当な台数を販売してきたことを知っているが、バイクブームと呼ばれている昨今、さらに営業成績が向上していると言う。
このブームが去った後はどうなるのかと考える方もいるかもしれないが、それこそ先述したように、長い歴史を有していることと強い販売力によって多くのお客様に愛されてきたということが、今後に関しても見通しは明るいと感じさせてくれるものとなっていた。

ショップ紹介

カワサキブランドショップ
という強み

  • カワサキプラザネットワークでは、ただ車両の販売を行うのではなく、カワサキの世界観をユーザーと共感するという役割を担っている。よってディスプレイなどもCIに沿ったものとなっている。

  • オートバイブームの後押しということも少なからずあり、コロナ禍でありながらも来客は多く、消毒や検温、アクリルボードの設置など、感染対策も万全を期している。安心して仕事ができる職場環境である。

  • カワサキの最新人気モデルに日々触れることができることは、カワサキファン冥利に尽きる。もちろん仕事となれば話は別かもしれないが、それでも好きな物に携わった職に就けるのは幸せなことである。

  • 商談スペースやウエイティングエリアは、まるでカフェのような雰囲気でまとめられている。待ち時間も苦にならないようなスマートなスタイルである。

  • カワサキ純正ライディングギアを豊富に在庫しており、愛車にもマッチするアパレルを見つけることができる。

  • ライフスタイルに精通するグッズも数多く取り扱っているのはカワサキプラザ店のポイントであり、スタッフはカワサキのスペシャリストとなるのだ。

現在カワサキの大型モデルを新車で扱うことができるのはカワサキプラザのみとなっており、これは店舗運営するうえで大きな強みである。
しかも商圏が被らないようにネットワーク整備がなされているために、一定数の顧客を確実に集客することができる。
さらにはカワサキプラザ東京足立のある東京23区東部エリアは、昨今移り住む町として人気急上昇している埼玉県南東部とも隣接し、それらのユーザーもカバーしているのだ。

カワサキの新車を買うなら、カワサキプラザへ。
これが一般的なライダーに根付いてきた今、カワサキプラザ東京足立は将来的に見ても安定した成長を見込めるバイクショップだと考えられる。

スタッフインタビュー

自分自身のレベルアップを
実感することができます!

  • サーキット走行やツーリングなど、学生時代からバイクライフを楽しんできたという、入社約1年半の山岸怜さん。現在はカワサキテクニシャン(メカニック)として活躍中だ。

  • ショールームと同様に、かなりゆとりのあるレイアウトとなっているメンテナンスサービスエリア。スペシャルツールやエアツールなども完備し、仕事がはかどる環境になっている。

  • 店舗と最寄りの陸運支局との距離は割と近い方であり、検査や登録も面倒に思えるものではないが、さらなる作業効率アップを図るべく指定工場の認可を申請中ということだ。

―――学校卒業後の進路を考えた際に、以前から楽しんでいたバイク業界への就職を目指したと言う山岸さん。
整備士学校を出たわけではなく、愛車のメンテナンス程度のスキルだったそうだが、整備の仕事に興味を持ち、現在はメカニックとして活躍中だ。
カワサキプラザ東京足立に入社し約1年半、現在の心境を尋ねてみた。



山岸 怜さん(2021年4月入社): 学生時代にバイクの免許を取得してツーリングやサーキット走行などを楽しんでいたこともあり、将来のことを考えたときには自然とバイクの仕事に就きたいと考えるようになりました。
ちょうどその頃にカワサキが提唱するカワサキプラザ政策を知って共感を覚え、私の住まいから一番近くにあったカワサキプラザ東京足立に志願しました。

当初はカワサキコンシェルジュ(フロントサービス)の仕事をするという話もあったのですが、整備の仕事に興味があったのでカワサキテクニシャン(メカニック)として加わりました。

実際に働き始めてみると、先輩たちにはしっかりと指導してもらえますし、工具類の管理も徹底されています。
そしてなんといってもお客様を第一に考えるという姿勢がとても参考になりました。

私は実務経験1年間を経過したので、これからは仕事をしながら学校に通い三級整備士免許取得を目指します。資格を取得することで手当てがつきますし、技術のレベルアップは自信に繋がります。

カワサキプラザ東京足立で働くことに向いているかどうかというのは、基本的にバイクを好きであるということは大前提として、諦めずに整備士を目指す集中力も必要だと思います。
さらにはメカニックもお客様と話すことが多いので、コミュニケーション力もあると良いと思います。
イベントも多いので、皆でワイワイ楽しむことが好きな人には合う環境かもしれませんね。

  • スタッフ間ではプライベートな話をすることもあり、フレンドリーな職場だと言う山岸さん。今後は整備士免許の取得を目指し、自身の能力を高めながら仕事に邁進していく。

  • 現在カワサキプラザ東京足立に在籍するスタッフは、コンシェルジュ4名、テクニシャン4名、そして代表を合わせ総勢9名となる。士気も高く働きやすそうな環境になっていると思えた。

JOBIKE編集部より

これまでもカワサキプラザに伺ったことはあり、その度にいつも感じることがある。
それは、昔ながらの町のバイク屋さんとは一線を画す環境が整備されており、カワサキブランドを広げて行くための企業の一員となることの誇りを共通して全ての従業員から感じられることだ。

メンテナンスサービスルームは冷暖房完備であり、四季を通して作業に集中できるし、顧客管理も最新のPCソフトを使い効率的に進めることができる。
そしてカワサキ専売店であることから、カワサキブランドのスペシャリストとしての経験を重ねることができるのだ。

待遇面を聞いてみたところ、賞与は基本年2回あり、その他決算時のボーナスも出る。
今年の4月からは変則的ではあるものの週休2日となったことや、新型ウイルスが蔓延してからは営業時間も変わり、就業時間は9時30分から19時となった。
煙草を吸わないスタッフには健康手当てが出されるというのも面白い取り組みだと思う。

もしもカワサキプラザ東京足立に興味を持ち、スタッフに応募してみようと思ったならば、バイクの免許は取得しておいた方が良いだろう。
あとはカワサキのバイクが好きだという気持ちも大きなポイントとなるだろう。

ここまで安定した成長を続けてきており、将来的に見ても安泰だと考えられるカワサキプラザ東京足立は、これからバイク業界に身を置くには好適な企業だと思う。

JOBIKE編集部より

ショップインフォメーション

カワサキプラザ東京足立 店舗画像

カワサキプラザ東京足立

〒123-0843
東京都足立区西新井栄町3-16-19
電話:03-3886-8856
営業時間:10:00~18:00
定休日:毎週火曜日、第1・3・5水曜日、特別休業日
HP : https://www.kawasaki-plaza.net/tokyoadachi/
EMAIL : mpk@mpk1986.com

PAGE TOP