はたらく×バイク JOBIKE(ジョビック)

バイク業界の求人情報が満載!
Webikeが運営するバイク業界への就職を目指す人のための求人ポータルサイト

求人掲載数:106

求人掲載をご検討の企業様
人生設計をしっかりとサポート。キャリアアップも望める仕事:ティーレックス(東京・調布市)
ティーレックス店舗画像

特集
記事
人生設計をしっかり
サポート:ティーレックス

取材協力:ティーレックス 取材:小松男

掲載日:2020/12/2

東京都調布市に本拠を構えるティーレックス(坂尾 圭社長、https://trexnet.jp/)は、ビジネスバイクを中心としたショップだ。
ビジネスバイクは酷使されており、メンテナンスを共に⽀えてくれる仲間の募集をしている。

ティーレックス代表インタビュー

しっかりとした
生活水準を保証
整備士を目指すために最適な環境

  • 店内にずらりと並べられているバイク、そのほとんどは法人企業と契約しメンテナンスを引き受けているジャイロキャノピーだ。

  • ティーレックス代表の坂尾圭さん。

メンテナンスの整備スキルが
着実に⾝につく

―――全国には数えきれないほどのバイクショップが存在する。その中でユーザーの⽬に付き、選ばれるには、何かしら特⾊を持っているものではないだろうか。
今回伺った『ティーレックス』には、そのようなポイントがあるようだ。坂尾代表にティーレックスとはどのようなバイクショップなのかを訊ねることから始めた。


坂尾: ティーレックスは2006年に創業したバイクショップです。当初は中古⾞の販売を⼿掛けることからはじめ、その後メーカーと契約し新⾞の販売と整備に注力してきました。
現在は東京、神奈川をはじめとした⾸都圏から東海エリアにかけて、広い範囲をカバーするビジネスを展開しているのですが、その中でも現在中⼼としている仕事は、法⼈顧客を相⼿とした業務で使われているビジネスバイクの販売やメンテナンスです。
最新のスーパーバイクやオフロードレーサーなどの⼈気⾞種の整備もしますが、当社の場合、まずはビジネスバイクのメンテナンスが中心となります。ビジネスで使われるジャイロキャノピーなどの限られた同じ⾞種を触り続けることで、スタッフは皆、着実に整備スキルを⾝に着けることができます。


―――現在は⼀般的なユーザーというよりは、法⼈を相⼿に、しかもデリバリー系をメインとしていることが分かった。これは他のバイクビジネスと差別化するという⾯において、とても有効だ。
特に最近はコロナウイルスの影響や、デリバリー専⾨サービスも注⽬されているタイミングだ。
そのような中、坂尾代表は今後の⾏⽅をどのように考えているのか聞いてみた。


坂尾: 新型感染症流⾏の折、世の中的には⼤変なご時世となっておりますが、バイク業界に関しては活況と⾔われており、その中でもデリバリーなどに使⽤されるビジネスバイクの需要は増えていっております。
そして⼀度販売したバイクは定期的にメンテナンスをしなければなりません。朝から晩まで仕事で酷使されるビジネス系バイクとなればメンテナンスは特に重要となってくるのです。
ルーティーン作業と思うかもしれませんが、お客様と⻑い付き合いができる仕事ということは、事業を続けるうえで⼤きなメリットなのです。


坂尾: 募集している職種は、整備⼠そして事務となります。バイク整備に関しては未経験者であっても構いません。
まずは来ていただき、どちらが希望か教えていただきますが、もしかすると実際に働いてみたうえで、どちらが向いているのかを判断させてもらう場合もあるかもしれません。


坂尾: バイクショップの多くは厳しい労働環境であり、ティーレックスも決して楽な職場とは⾔えません。
しかし、 それに⾒合う待遇やサポートは⼼掛けており、多くの企業と同等かそれ以上のしっかりとした⽣活⽔準を保証し、環境も整えています。
整備⼠として⼿に職をつけて成⻑してゆくのであれば、良い会社だと感じてもらえると思います。
現在は作業が増えており、それに伴い⼈員強化を図りたいと考えています。是⾮とも、ティーレックスにご協⼒してもらい、さらなる成⻑を導き出してくれるメンバーになってくれる⽅のご応募を待っています。


――――事業の拡⼤には有能なスタッフの⼒添えが必要。どのような業種でも当てはまることではあるが、今現在伸びていること、さらにここから先、新たなる⽣活スタイルへと移⾏してゆくことが考えられる中で、⼀般的なバイクショップとは⼀線を画する道を進むティーレックスは、魅⼒的な企業だと感じられた。

ショップ紹介

法人契約でのストック
ビジネスが魅力

  • 三輪スクーターという特殊ともいえるモデルをメインにメンテナンスを手掛ける。モデルを絞ることで未経験者でも上達が早い。

  • 整備士と同時に事務職も募集を行っている。簿記三級程度の事務作業基本知識を持っていれば、徐々に慣れていくことだろう。

事業の安定化でスタッフが
働きやすい環境作りを実現

ティーレックスは、新⾞、中古⾞の販売から⾞検整備など、⼀般的なバイクショップが⾏っている⼀連の作業を⼿掛けている。
その中でもしっかりとしたストックビジネスモデルを構築している独⾃性のある企業だ。
それはジャイロを中⼼としたいわゆるビジネスバイクに注⼒し、法⼈企業との契約を⾏っていることにあり、実はこれが⼤きなポイントとなっている。
法⼈に⼤量のバイクを納品することで、その後の定期メンテナンスの仕事も引き受けることになり、顧客と太く⻑い付き合いができていることが分かる。
その点がいわゆる町のバイクショップと⼤きく異なる部分なのだが、もちろん⼀般的なユーザーが来店し、新⾞や中古⾞を購⼊されることもあり、⾞検や整備などの通常メンテナンスも引き受けている。
⼀⽅で現在は⽉極の業務⽤レンタルバイク事業も展開しており、それも着実に成績を伸ばしている。
ティーレックスはビジネスモデルの法⼈契約というしっかりした柱を構築していることが、結果的にバイクにまつわる全般的なビジネスを⾏うにおいて⼀つの⽀えとなっているのだと⾔える。
仕事内容的には、販売⾞両の定期メンテナンス及び修理、そして⼯程管理の2本柱となっている。
スタッフの中には、バイク整備などの経験がまったくない状態で⼊社し、⼀からバイクのメカニズムを学んで短期間で整備⼠の資格を得た⽅も在籍している。
つまり働きながらキャリアアップも望めるということなのだ。
もちろんスキルが⾝に付き、資格などを⼿に⼊れれば、それに応じた昇給制度もある。
整備⼠免許だけでなく、メーカーの定める整備⼠資格や、⾃賠責保険や任意保険を取り扱える損害保険募集⼈の資格なども受けることができ、その都度⾃分をレベルアップさせていくことができる。やりがいも得られるに違いない。

スタッフインタビュー

職場もプライベートも充実した日々

  • もともとミュージシャンを目指していたという堀内さん。以前アルバイトをしていた接客業での経験も現在の仕事で役立っていると話す。

  • およそ2年間で整備の仕事を一通りマスターし、整備士免許を取得。引き続き、保険募集人の資格取得にチャレンジするところ。

プロ意識を身につけられたと
思います

――――入社してから2年が経ったと言う堀内さんは、以前は接客業に勤めていた経験や、ミュージシャンを目指していたこともあるそうだ。そんな堀内さんにティーレックスで働いてみて分かったことや、魅力などを教えてもらった。


堀内 翔麻さん(勤続2年)
バイクショップで働くのは初めてで、それまでは働いている人は、気難しい人が多そうなイメージを持っていたのですが、実際にはみんなフレンドリーだったので、すぐに打ち解けることができました。
はじめのうち3か月程度は先輩につき、マンツーマンで整備のことを教えてもらいました。
そのおかげで未経験だったにも関わらず、仕事の流れや作業手順などを、すぐに覚えることができました。
自分の愛車を触るのとは違い、一つ一つ丁寧に、マニュアルなどに沿ってちゃんとメンテナンスをしなければならなく、その結果としてプロ意識を身につけられたと思います。
先日3級整備士免許を受け、資格も手に入れることができました。
それと社内の整備工場だけでなく、出先の現場での作業も多いため、お客様と話す機会も多いですね。
入社当初は当時住んでいた家から通っていたのですが、会社の住宅手当を利用して、近所に部屋を借りました。
そのような生活面でのサポートはとても助かっています。

  • 社内整備工場。ゆとりを持ったスペースが確保されている上に、ツール類も充実しており、効率よく作業を行うことができる。

  • 納車や引き上げ、さらに現場でのメンテナンス作業など、外回りの仕事も多い。トラックはリフト付きが用意され、作業環境も万全だ。

  • ジャイロキャノピーの消耗品、及び交換パーツは、ほとんどを在庫ストックしている。そのためオーダーに迅速に対応することができる。

  • スポーツモデルなどの販売や整備、車検なども手掛けている。スタッフ皆がバイク好きという面に関しては共通認識がある。

  • バックヤードにはメンテナンス前の車両も多く待機している。作業スケジュールをはじめとした行程管理も重要な仕事となってくる。

JOBIKE編集部より

まずティーレックスの魅力は、独自のストックビジネスプランを定めて、それをしっかりと成長させることができているという点が大きい。
一般的なバイクも入庫されるが、作業の9割を占めるのは、ビジネスバイクのメンテナンスとなっているそうだ。
これが他のバイクショップと大きく異なるポイントとなっているのである。
逆にとらえると、常日頃同系車種を絞って触ることによって、専門的な知識を得られ、プロフェッショナルとしての成長を見込めることにもなる。
整備士として腕を磨くことはもちろん、このような職場に身を置き、ビジネスの進め方を吸収することができれば、他の事に対しても、おのずとスキルアップしてゆくことだろう。
待遇に関しては、昇給、年二度の賞与、さらには住宅手当や自動車手当などもあるため、自分の趣味も大切にしやすい環境が整っていると言える。
仕事においての自身のキャリアアップを進めながら、着実な人生設計を考えることができるのは、不安定な職が多い中でとても魅力的だ。
ティーレックスは理想の職場として、しっかりとしたスタイルが構築されているのである。

JOBIKE編集部より

ショップインフォメーション

ティーレックス株式会社

〒182-0015
東京都調布市八雲台1丁目4-4
電話:042-490-8900
営業時間:9:30-18:00
定休日 : 毎週月曜日
HP : https://trexnet.jp/

PAGE TOP